活躍中の卒業生インタビュー|
日本美容整骨学院

Interview
黒木 早苗 さん インタビュー

女性の力でも安定した
技術を習得できて、
すぐ仕事に活かすことが
できると思いました!

日本美容整骨学院に出会うまでの私、
入学する前に悩んでいたこと

夫と美容室をしています。シャンプーやヘッドスパをする際にいつもお客様の骨格の歪みが気になっていました。美容室なのでそこまでアプローチすることは求められませんが、私に何かできたらと思っていました。自分のキャリアにもう一つプラスできるもので、ずっと続けていけるものを探していました。

何が決め手となって入学しましたか?

学校を見学しに行った時、女性が活躍していてみなさんハツラツとされていました。 私自身、自分しかできない『何か』でのキャリアアップを探していましたが、今まで骨に携わる仕事は国家資格を取らなければ無理だと思っていました。しかし女性の力でも安定した技術を習得できて、すぐ仕事に活かすことができると感じてコレだ!と思いました。

これからの私

私は美容整骨を学んだことによって筋肉や神経、そして体の仕組みについてもっと知りたいと思うようになりました。更に勉強して美容室での活かし方や、美容室だからこそ可能なトータルで美しくなれるサロンを作っていきたいです。

日本美容整骨学院の
オススメポイント

たくさんありますがまず、女性が活躍している学院だというところです。 さらに、今まで全く別の仕事や生き方で骨とは関係ない人生を歩んでいたとしても学びたい!と思った時からでも始められるカリキュラムがあるところです。

美容整骨をサロンに導入して
売上はどう変わりましたか?

実際、今は全身矯正できるベッドスペースの確保が難しいので小顔とポイント矯正のみですが、美容室ではヘッドスパとの組み合わせメニューを作りました。骨格の専門知識を持ちながらのシャンプーやスパは、他のスタッフと少し差別化した価格設定にしています。 相乗効果や、時間給として考えてもとても良かったです。